プロポリスサプリランキング!本当に効果があるのは?

 

プロポリスサプリをランキング!効果を比べてみた

プロポリスの副作用は?

 

体に良いと評判のプロポリスではありますが、その副作用のようなものはないのでしょうか?摂取すると体にどういった反応があるのかまとめてみました。プロポリスはよく言われるように天然の素材からつくられる食品です。

 

「天然の抗生物質」とも異名をとる、強い抗酸化作用がウリです。しかし、だからと言って薬のように副作用を起こすことは本来ありません。たとえ用法、用量を守って摂っていても、数時間から長くて数日、軽い頭痛や胃腸などに変調を感じる場合もあるにはあります。

 

これは東洋医学でいうところの「好転反応」の症状で、悪い状態を示すものではなく、副作用とは違って徐々に改善されていく種類のものです。

 

ですが、体質によっては、ごくまれに体の調子を乱す人もいるとのことですので、もしも何か体質上気になることがある場合は念のため医師に相談すると良いでしょう。プロポリスを摂取してその後に不調になるとき、よくあるケースの一つは「摂取過剰」です。

 

体にいい食品だからと言って、効果をあせって一度にたくさん摂ってしまうと、かえって体に害を及ぼしてしまうこともあります。プロポリスに限ったことではありませんが、あらゆる健康食品やサプリにも共通していえるのは、適量なら問題がなくとも、摂取過剰になると急性アレルギー反応などを起こす可能性も考えられます。

 

ですから、毎日続けて適量を取ることが、用法の基本です。もしも服用を始めてから1週間以上にわたって不調が続く場合には、また不調が日々強くなっていると感じる場合はいったん服用を中止してください。特に何らかの食品アレルギーを持っている方は医師に相談してみた方が良いでしょう。

 

そして、妊娠中や授乳中の方の場合、成分的に悪影響はないとは考えられますが、体調がデリケートに変化する時期ですから、あまり刺激の強いものは体に良いとは言っても避けた方が無難です。プロポリスだとしても念のため、摂取を控えたほうが良いでしょう。

 

また、子供にプロポリスを与える場合は、成分的には問題ありませんが、大人以上に摂り過ぎになりやすいので、十分気を付けてご利用ください。

 

蓄膿症に効果のあるプロポリス

 

話題のプロポリスは蓄膿症の症状に対しても効果を発揮することが知られています。鼻の奥にある細い空洞である「副鼻腔」が炎症を起こすことを副鼻腔炎といいます。そして、この副鼻腔炎が慢性化してしまった状態を、一般的に蓄膿症と呼びます。

 

鼻の奥に膿が溜まってしまっているので、鼻はつまってしますし、臭いし、頭痛や顔の痛みなど、日常的に頭の周囲がいつも不快なものに囲まれてしまいます。ですから、患者さんにとっては、地味ながらも非常につらく感じられています。

 

蓄膿症になってしまう原因として、以下のようなものが言われています。

 

・アレルギー性鼻炎、花粉症
・生まれつき鼻の奥が曲がっている(遺伝)
・鼻を強くかんでしまう
・風邪やインフルエンザ
・虫歯

 

たとえバイキンが副鼻腔に入ってしまったとしても、それで必ずしも蓄膿症になってしまうのではなく、体の抗菌力が強ければ急性的に炎症を起こすだけ治ります。慢性化してしまう原因は、体の抵抗力が落ちているからなのです。

 

ですから、抗菌効果の高いフラボノイドを主成分とするプロポリスを摂ることで、体内に悪い菌が繁殖しにくい環境を形成し、鼻粘膜の炎症を鎮めることが容易になります。

 

継続的に摂取していくことで、徐々に菌に強い体内環境を作り上げて、粘膜が感染に対して強い抵抗力を発揮するようになります。すると、副鼻腔炎になっても慢性化することなく、蓄膿症を繰り返すことも少なくなるのです。

 

ある50代の女性は、鼻の中に膿が溜まりやすい体質があり、鼻水だけでなく頭痛と鼻骨の痛みにいつも悩まされていたそうです。手術も怖いので断り続けて、毎日鎮痛剤でおさえながら症状を我慢して生活していました。

 

粘膜の化膿に効果がある評判のプロポリスをそうしている中で飲み始めたところ、数ヶ月続けているうちにだんだんと鎮痛剤を使う回数が減っていることに気づき、飲み始めて2年たったころには痛みを感じない時間が長くなり、鎮痛剤も月1〜2回程度に減ってきて、大きな改善が見られているそうです。

 

花粉症に効くプロポリス

 

今や国民病とも言われている花粉症ですが、この花粉症の対策にプロポリスの摂取が効果があると考えられているのですが、それは一体どうしてでしょうか?

 

日本人の3割以上が花粉症に悩んでいるといわれていますが、プロポリスには、花粉症の症状を和らげるうれしい効果があります。このように花粉症患者が増えてしまった原因のひとつに、日本人の免疫力が昔より落ちているからということが言われています。

 

クシャミや鼻水、のどの痛みなどの諸症状については、体が「害を及ぼすもの」と判断して、防御するために起こる反応だといいます。この時に分泌されるヒスタミンは、鼻や喉の粘膜に炎症を起こす作用があります。

 

花粉症は、薬で症状を抑えるように対処するようになりますが、のどの渇きや眠気の副作用があって仕事の効率を下げてしまうことが往々にしてあるため、それを嫌がる人は非常に多いです。

 

鼻の粘膜をレーザーなどで焼いて、通りを良くするという外科治療の方法もあるにはありますが、対症療法の一つに過ぎません。そしてストレスも大きな原因になっていると言われます。

 

人間関係、生活環境、そして劇的に変わりつつある自然環境など、私たちは見えないストレス要因に囲まれていて、常に体にストレスがかかりやすい状態となっています。ストレスは免疫力を低下させ、生命力を低下させてしまう原因となっています。

 

そこでプロポリスの効果が注目されるようになっています。プロポリスに含まれる「ケルセチン」という成分は強い抗炎症効果をもつため、症状が和らぐようになっています。

 

また、自律神経の乱れを整える抗ストレス作用をもつ成分が他にも含まれているため、その効果によって、疲れた心身の状態を正常に戻し、花粉症を自然な形で克服できるように導きます。

 

しかしながら、服用される方の中には、健康食品と医薬品を混同して考えて、サプリメントを飲んですぐに治ると思ってしまったり、また状態が良くなったからと服用をやめてしまう方が多いといわれています。

 

いわゆる医薬品と呼ばれるものは病気を治療するためのもので、用法用量を守り、限られた期間に服用します。一方、プロポリスは医薬品ではなく健康食品ですから、服用期間は特に限られておらず、服用量もあくまで目安です。

 

そして、一日飲んだからといってすぐ効果が出るわけではなく、続けて摂っていくうち、だんだんと体が本来持っている機能を呼び覚まして、優しく穏やかに効果が出るようになっているのです。

 

ですから、即効性を期待するのではなく、ある程度の期間続けて摂取することで次のシーズンに向けて準備をしておくという考えでいた方が良いでしょう。

更新履歴